楽なの?楽じゃないの?家庭教師で働くってどうなの?

メリットとデメリット


家庭教師としてバイトをする上でのメリットにはやりがいがあるということが挙げられることが多いです。自分より年下の生徒を受け持つことで、その成長を間近で感じることができます。自分の教えた生徒がテストで高得点を取って帰ってきたり、志望校受験に合格したとなれば、教える側も喜びを感じるというものです。さらに、勉強を通じて精神性も成長したということも感じられることが出来れば、喜びもひとしおでしょう。

しかし、どのような仕事にもデメリットは存在します。家庭教師のバイトのデメリットとして挙げられがちなポイントとしましては、生徒と保護者の間を取り持つことに疲れるという点です。家庭教師の場合、実際に指導するのは生徒ですが、お金を支払うのはその保護者です。そのため、生徒と保護者との間で指導方針の求め方が違ってきた場合に対して、板挟みになってしまうということがあるようです。派遣会社によっては、その対応も受け持ってくれることもあるようですが、実際に保護者の対応をしなくてはならない場面になったら意外と大変だという声も聞かれます。



家庭教師の仕事のメリットはやりがいが感じられるところですが、デメリットは、保護者の対応に疲れるということが言われているようです。